2007年5月3日(木)(その4) 天候 晴れ

 華厳寺にはもと来た道(国道19号線)を戻り、途中で国道18号線を北へ向かって到着した。駐車場に向かうと修学旅行生の団体が大勢バスで押し寄せていた。修学旅行生に混じり5分ほど境内に入った。華厳寺は新羅時代(554年)に煙気僧侶が創建した智異山の西南にある寺である。大雄殿の左側にある覚皇殿は韓国最大規模の木造建築である。また四獅子三層石塔などの国宝級の遺物が多くあることでも有名である。大雄殿・覚皇殿・四獅子三層石塔などを見てまわり建造物を堪能したあと駐車場に戻り山を下りた。時刻は18:00を回っていた。

 

 

 

 

そろそろ今夜の宿泊地を決めなければならなかったが、地図を見ると南部の港町である麗水までの距離が100km足らずであったので、今夜は麗水に泊まるべく出発した。麗水へは国道18号線→国道17号線→国道17号線(国道77号線)をひたすら南下した。途中の道は一部片側3車線であったため距離を稼ぐことが出来、19:00過ぎには麗水市内に入った。ただ市内に入ってからは市庁と中心街(旅客船ターミナル付近)とが離れており、日も暮れて道が分かりづらかったこともあり中心街に着いたころには20:00が過ぎていた。中心街に到着すると中央路近くのモーテルにチェックインした。

チェックインしたあと、夕食に麗水の海産物を食すべく地球の歩き方に掲載されているナクチポックム(小ダコのコチュジャン炒め、8000ウォン)で有名なミョンシンナクチへ向かった。店の場所が分からないので、通りがかりの雑貨屋のご主人に道を尋ねたところ、道を教えてくれた上に店に電話を入れてくれた。ご主人にお礼を言い教えられた道をたどり店に到着した。注文すると、すでに電話が入っていたこともありすでに準備が始められていた。間もなくナクチポックムが出てきたのでおいしく食した。食した後店を出て、繁華街をしばらく徘徊し、途中ロッテリアでハンバーガーセット(3200ウォン)を食した後宿に戻り就寝した。

(走行距離:314.5km)

TOPへ

5/3へ

5/4,